東山義久 玉野和紀 のぶつかり合い!

玉野和紀さん脚本・構成・演出・出演の舞台「CLUB SEVEN」10th STAGEを観劇してきました。

素晴らしい作品でしたね。

出演されている東山義久さんの魅力を思いっきり引き出し、東山義久さんと玉野和紀さんのぶつかり合いのステージ、素晴らしかったです。

特に2部のミニミュージカル「アンドロイド」は、東山さんのダンサーとしての力を見事にアンドロイドの動きとして発揮!
今度ミニミュージカルではなく、ロングバージョンの舞台として見てみたいです。

もちろん、西村直人さん、中河内雅貴さん、相葉裕樹さん、佐々木喜英さん、大山真志さん、白羽ゆりさん、蒼乃夕妃さん、
すべての出演者が輝いていました。

玉野マジックにかかったアーティストの競演でした。

何度見ても楽しいのが、あいうえおヒットメドレー。

ハッピーになれるエンターテイメントです。

この後は、福岡、大阪、名古屋でも公演があるようです。
是非、全国のエンターテイメントフアンの皆さん、足を運んで見てみてくださいね。

Sponsored Link

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

スポンサーリンク

このページの先頭へ

日本のゲーム産業