大山真志の歌はすばしらかった

大山真志さんという舞台俳優は、華のある役者さんですね。
「ALATR BOYZ」のMATTHEW役でその存在感を見せつけられました。
特に歌が素晴らしいです。

「We are the ALTAR BOYZ」という曲が
やっぱり一番心に突き刺さりますよね。

182センチという身長もその原因か、ずっしりとその存在感が
歌を通して伝わってきます。

大山真志さんは、1989年8月17日生まれの24歳。
東京都新宿区出身なんだそうです。

何か、「ALATR BOYZ」のために生まれてきたような方ですね。(笑)

役者としての活動は2000年からで、

『ミュージカル・テニスの王子様』
『ソラオの世界』
『オオカミ王ロボ~シートン動物記より~』
『弱虫ペダル』

が代表作です。

今回の「ALATR BOYZ」の演出家、玉野和紀さんの来年の作品
「CLUB SEVEN 10th stage!」にも出演されるようです。

来年4月の上演だそうで、
東山義久さん、西村直人さん、中河内雅貴さん、相葉裕樹さん、佐々木喜英さんらと
共演するのだとか。

見逃せないですね。

「ALATR BOYZ」REDバージョンの東京公演は、11月30日(日)までです。

Sponsored Link

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

スポンサーリンク

このページの先頭へ

日本のゲーム産業