森公美子夫の介護は現在も・・

オペラ歌手でタレントの森公美子さん。
2006年にご主人が交通事故に合われ、現在でも献身的な介護、リハビリを支えていらっしゃいます。
その森公美子さんが、今年も「レ・ミゼラブル」にご出演されます。

森公美子さんのホームグラウンドでの帝国劇場での公演です。
是非、足を運びたいものです。

森公美子さんのプロフィールを調べて見ました。

 

プロフィール

 

森公美子(もりくみこ) 1959年(昭和34年)7月22日生まれの56歳)
オペラ歌手、タレント、女優。
所属事務所は、「ケイセブン中村屋」

血液型はA型。身長163cm、体重80kg

 

経歴

 

宮城県仙台市出身。宮城学院中学校・高等学校、昭和音楽短期大学卒業。東京芸術大学別科修了。
この間2回、イタリアのミラノに留学。帰国後、1981年にオペラデビュー。
ミュージカルデビューは1983年の東宝ミュージカル『ナイン』。
オペラやミュージカルに出演するほか、バラエティ番組やドラマなどでも活躍されていますね。

芸能界デビ―は、1989年から1990年にかけて、関根勤率いる劇団「カンコンキンシアター」の旗揚げ〜第3回公演に参加。

2007年5月30日、日本クラウンよりミュージカルの代表曲を集めたアルバム
『メモリー森公美子ミュージカル・ベスト I am a Singer Kumiko Mori』をリリースされています。

 

その他にも数枚CDを出されています。

 

 

記憶に新しいところとしましては、NHKの「花は咲くプロジェクト」に参加さけて、紅白歌合戦にも出演されていますね。

 

ご主人の介護

 

2001年にご結婚されたご主人が2006年に交通事故に遭い、脳挫傷で重傷。
森公美子さんはご主人の介護やリハビリを支えながら仕事を続けていらっしゃいます。

料理の達人で、手作りの料理をご主人だけでなく、番組スタッフや舞台の共演者スタッフにまでふるまうそうです。

 

レ・ミゼラブル

 

1985年にロンドンで誕生した「レ・ミゼラブル」。日本では1987年に日本版が上演されています。
初演から30周年の今年、再び上演されますが、森公美子さんもご出演されます。

役は「マダム・テナルディエ」。

森公美子さんは、「レミゼラブル」に関わって、18年だそうで、
パワーアップした「マダム・テナルディエ」を約束されています。

東京公演は、4月17日~6月1日もちろん帝国劇場です。

Sponsored Link

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

スポンサーリンク

このページの先頭へ

日本のゲーム産業