浦井健治 ボンベイドリームス 観劇リポ

浦井健治さんの2015年の第一弾ミュージカル「ボンベイドリームス

観てまいりました。

一言でいうと、ノリノリ・ワクワクの舞台でした。
「楽しくて深い」そして浦井健治さんは、「らしい」
そんな印象でした。

浦井健治さんはアカーシュ役でしたが、
当初浦井健治さんはアカーシュについて、

「家族や仲間に愛され、人間的にはとても恵まれていた青年だと思うんです。
そのアカーシュが、裕福さや映画界の闇、エゴにふれて人間的に
揺れ動いて葛藤する、そんな役だと思います」

と話されていました。

その心の葛藤さが、歌と踊りで表現されていたと思います。

やはり、演出家の「荻田浩一」さんの力なのでしょうか?

荻田演出、荻田マジックにかかると、毎回毎回新しい「浦井健治」が
引き出されているような気がいたします。

荻田さんは作品についてこう話しています。

「力強い、生命力あふれる作品で、1年分の生命力をお客様に
届けたいです。お客様とエネルギーの交換をしたいですね。
熱い作品を一年の最初に上演して、自分自身も一年のいいスタートを
切りたいです」と。

荻田さんのおっしゃるように、いいパワーをいただきました。
1年の幕開けにふさわしい、まるで舞台全体が新春の福袋のような
ミュージカルでした。

2月8日まで東京国際フォーラムCです。

Sponsored Link

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

スポンサーリンク

このページの先頭へ

日本のゲーム産業