クレイジーフォーユー(劇団四季)スタートしました。

劇団四季のミュージカル「クレイジーフォーユー」がスタートいたしました。

聞くところによりますと、4年ぶりの再演ということです。

この「クレイジーフォー・ユー」は、1992年にブロードウェイで上演されたのが最初です。

90年代の初頭は、ロンドンウエストエンド発のミュージカルがブロードウェイを圧巻している時代でした。「ミスサイゴン」「レミゼラブル」「オペラ座の怪人」「サンセット大通り」などなど。そのロンドンの風邪わ吹き飛ばすNY発の作品がこの「クレイジーフォー・ユー」です。

ですので、本当にアメリカらしいハッピーエンドの楽しいエンターテイメントです。

その作品を劇団四季が見事に日本版に仕上げています。

私が見た回の、ボビー・チャイルド役の「松島勇気」さんと、ポリー・ベーカー役の「岡村美南」さんは素晴らしかったです。「普通」を演技しているようで、「普通」ではない。タップもダンスも歌も、心に響くものでした。

「ウキウキ・ワクワク・ワッハッハ」

この単純な感動が欲しくなります。

「クレイジーフォー・ユー」は、最近数少ない「ウキウキ・ワクワク・ワッハッハ」を与えてくれる舞台です。

もうすぐ季節は春ですが、まだ寒い日々か続きます。「春まで待てない」というあなた。
観劇すれば、こころは春になりますよ。

Sponsored Link

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

スポンサーリンク

このページの先頭へ

日本のゲーム産業